‘相談とアドバイス’ カテゴリーのアーカイブ

セクハラを相談したら翌日解雇されました。

2009年11月12日 木曜日

<相談概要> 依頼者許可

清掃会社に勤務していますが、社長から「ホテルに行こう」とか「いつでもクビにできる」
など、色々なことを言われていました。夫も子もおりますので、全て断わっていると、
飲み会で、無理矢理胸を触られ、キスをされました。その日の内に、夫と同僚と私で
社長の奥様に相談しましたところ、翌日、懲戒処分として解雇されました。

<回答概要>
セクハラの訴訟では、あなた自身の証言も有力な証拠になり、当時の事を書いた
メモも証拠になります。さらに証拠の補強をするのであれば、同僚の証言や奥様に
相談した当日の夫の証言をまとめたり、録音して、証拠にして下さい。

同様に本件ではセクハラのみではなく、胸を触る・キスをするなど、刑法上の
強制わいせつ罪や暴行罪に抵触する事案だと思われます。
この点は、警察に被害届を出すようにして下さい。

おおよそ、セクハラ訴訟では加害会社側が経営者の場合、過度な圧力をかけてくる
ことが多いのですが、なるべく多くの証言を問題を提起する前に集めておくことが
ポイントになります。
訴訟になると、緘口令が引かれるなど、証言が取りづらくなるので、なるべく多くの
証拠をできる限り短い日数で取るようにするのがコツです。

また、解雇原因なども急きょ過ぎる解雇であるし、社則などの違反もなければ
不当解雇になります。

ですから、本件では、
「セクハラによる被害」(民事)
「強制わいせつ罪や暴行罪」(刑事)
「強制わいせつ罪や暴行罪に伴う損害賠償」(民事)
「不当解雇」(民事)
の大きな4つの問題があります。

T.I.U.総合探偵社で、できる範囲は証拠収集となりますが、すでに証拠はある程度
揃っていると思われますので、無駄に費用をかけて調査をする必要は無いと思います。
ですので、ICレコーダーなどの機材のレンタルや証拠収集のチェックなどが
仮に調査御依頼を頂いた際の調査となると思います。

訴訟となると、勝訴敗訴の予測は不可能と言えますが、ご相談者様のようなケース
では、被害者側が全面的に勝訴しているという判例がございますので、訴訟を
提起したり、刑事告訴していく事を諦めずに行って頂きたいと思います。

子どものいじめに関して学校の対応に疑問

2009年11月10日 火曜日

<相談概要> ご相談者様許可

小学校高学年の子どもが学校でいじめを受けました。
はじめは、無視で、それから、教科書やノートを汚されたりしたそうです。
そして、今回、リンチを受け、怪我をしたことで、明るみになりました。私自身、もっと早くに
気がついてあげられればと反省しています。
今回の事で、学校側(担任・学年主任・校長)と話をしましたが、どうやら教科書を汚
された約1ヶ月前から、担任と学年主任はいじめに気がついていたとのことです。
他の子ども達は、そうしたことがなかったように、口止めを教師からされていた
そうです。

このことで、校長・担任と何度も話し合ったのですが、校長は居留守を使ったり、
「子どもが事故を起こすこともある。」と脅迫めいたことを言うし、担任は、私を
モンスターペアレントと呼び、「そんな親の子だから、協調性がなくいじめに
遭うのだ!」と言ってきます。

どうしたら良いのでしょうか?証拠を集めて裁判をした方が良いのでしょうか?

<回答概要>
証拠類などを整理して、下記の機関を訪ねるようにして下さい。

法務省 人権擁護局(http://www.moj.go.jp/JINKEN/index.html)

ここからは推測としかいえませんが、いじめは人権侵害であり、それを暗に隠蔽し
た学校サイドは、人権侵害を容認したとも言えます。

ただし、1つ懸念がございます。
まず、問題になると人は口を噤みます。また、強い方に良い様な発言をしたり、
何らかの影響力で言動を操作されることもあります。
ですから、今からできることは、会話を録音すること。
そして、今まで起きたことを全て時系列で記録することです。

当社、T.I.U.総合探偵社のいじめ調査は、事業ベースでは考察されておらず、
現在は、ノウハウの伝授や機材の貸し出し、資料整理のサポートがメインであり
必要最低限の調査のみを行います。
また、児童虐待問題については無料で行う関係から、多くの減額裁量が認められて
おります。
(これは当社代表の阿部氏の強い意向で、いじめの解決を収益事業にしてはならない
探偵としてできることを社会奉仕的に考えるべき、という理念に合致させた結果です。)

まずは、お子さんをお連れになり、無理の無い形で資料の閲覧や状況の聞き取りを
無料で行わさせて頂きたいと思います。

<ポイント>
・書面などの証拠が無いものは、録音で立証が可能。
・正確な記録については、メモ書き程度でも証拠能力有。
・読む側に立った資料整理が重要。

未公開株で親が騙されています。

2009年11月9日 月曜日

<相談内容>ご依頼者様許可

親が未公開株を買いました。銘柄としても聞いたことがなく、グリーンシート銘柄でもありません。販売した会社に直接、話しに行こうと尋ねましたが、名刺の場所にはなく、登記簿を入手してその住所地にも行きましたが、ありませんでした。
親はいくら説得しても、頑なに株式市場上場をするまでは、秘密裏にやっていると言い、買い足しまで検討しています。

<調査関係について>
株式市場上場には、その上場する市場によって基準がございます。
これらの上場基準に適合するかを考察するための情報収集をもって、上場の可能性を
具体的に検討してみると、数字の検証となるので、説得のひとつの要素になると思います。

また、未公開株業者の多くは無登録営業を行っており、匿名投資組合などの投資事業組合を組む場合が多く確認されています。
この場合、通常はその投資事業組合の振込口座などが用意されているのですが、詐欺などのケースでは、投資事業組合の登記をしていないため、口座が存在しないのです。

そもそも、無登録で営業する事自体、極めて違法性の高い営業です。
また、未公開株の発行会社とされる会社が、違法販売業者とつながっていない場合は、上場予定が無いことを明確に宣言している場合があります。

ですから、未公開株発行法人に直接、上場予定があるかどうかを問い合わせたり、業績を調べることも重要です。

ハッキリ申しまして、登記上の所在地に存在しない、もしくは、実態が確認できないなどは、上場基準と照らし合わせれば、言語道断、100%上場しないといっても過言ではありません。

T.I.U.総合探偵社でも、同様に親族の説得のために調査を実施される方もおり、その説明を5日間かけて行うこともあります。もしも、説得できないと思われる場合は、資料を全てご持参頂き、無料のご相談からはじめてみてはいかがと思われます。

T.I.U.総合探偵社

妻から好きな人ができたから離婚してと言われた。

2009年11月7日 土曜日

<相談概要> 依頼者許可

妻から好きな人ができたから、離婚してと言われました。無理だと言いましたが、毎日、
離婚を迫られています。また、好きな人ができたと告白して来た日から、毎晩、夜は出掛けて居ません。
どうしたら良いでしょうか?正直、もう離婚はしても良いと思っていますが、あまりに勝手な言い分に素直に離婚することに同意はできません。

<回答概要>
奥様の告白は、一般的に考えれば、浮気しただろうと推測できますが、「好きな人ができたから、離婚して欲しい。」の言葉に、「浮気をしたから」という言葉はどこにもありません。

例えば、それは浮気をしたという事なのかどうかを問いただし、事実明白な自白を得れば、浮気調査をする必要はありません。きちんと書面に残すなり、録音して後の証拠にしていただければと思います。

また、浮気をした事実が明白になった時点で、奥様は有責配偶者となりますから、自ら離婚請求を提起する事はできなくなります。ただし、現在は「破綻主義」が取られていますから、相当期間の婚姻関係の破綻があれば、離婚はできますし、破綻後の浮気は、不貞行為にはなりません。

現段階では、破綻とはいえませんし、婚姻関係は性行為を基準としているものではないので、夜出掛けてしまう場合であっても、婚姻関係は破綻していないと認められるはずです。

ですから、自白させるか、浮気調査をするか、よく検討すべきだと思います。
また、夜出て行く日をきちんと記録しておく事も有効です。

浮気の事実がわかれば、浮気相手を訴えることも可能です。

離婚となれば、責任の有無関係なく、財産分与などをする必要がありますから、慰謝料で相殺するなど、ご相談者様自身がご自身の将来をよく考えて、今出来る対策をする事が最も最良の対策であろうと思います。

T.I.U.総合探偵社

相手の親に支払いを請求したいのですが。

2009年11月6日 金曜日

<相談概要>
大学時代の友人に、親の入院費でお金が足りず、何とか用立てしてくれないかと相談を受けました。費用を聞くと、200万円ほどかかるいう事で、自営業のため、お金があまり借りられないというのです。親戚もいないという事でしたので、仕方なくお金を貸しましたが、しばらくして、連絡が無いので、実家を訪ねたところ(大学時代、彼は実家に住んでいて、その住所しか知りませんでした。)、ご両親は元気で、入院などしていないというのです。
彼は現在、行方不明です。そこで、彼の両親にお金の弁償をしてもらいたいのですが、それは可能でしょうか?
※ 本人から借用書は書いてもらっています!

<回答>
大学時代の友人という表記がございますので、既に成人している方にお金を貸したものと思われます。これは基本的な請求権と保護責任の問題になると思いますが、貸した相手が成人している場合の債権をその親に請求する事は、すでにご両親は保護責任は無いですから、この性質の債権に親の返済義務はありません。
当然ながら、請求権もありませんから、法的に親に請求する事はできないとされています。借用書があるのでしたら、住民票などの交付は役所窓口で行えますので、住民票を追ったり、ご両親との関係が良好であるのなら、事情を話して協力してもらうように促す事が妥当であろうと思います。

<所見>
成年に関して、その親に責任を取らせようとする事は、原則不可能です。
道義的な責任はあるかもしれませんが、法的な責任はありません。
最近、こうした理由から相手の両親の居所を探して、親にお金を肩代わりさせるなどを目的とした相談が多くなってきましたが、「親が払うのが当然!」という考え方は法に馴染みません。
相手のいる事ですので、あまりに強引な取立てや、相手の気分を著しく害するような方法では、場合によっては請求権の無い請求ですから、「恐喝罪」や「脅迫罪」などで訴えられる危険をはらみます。
また、他社ではできるという業者もあるようですが、法的な問題は、一度弁護士会や法テラスへ相談するようにして頂いたほうが、正確で安全な回答を得ます。
また、当社(T.I.U.総合探偵社)の場合、行方探しや証拠の収集などについての有料アドバイスやコンサルティングを格安で実施していますので、予算の少ない方でも十分な対策が可能です。

T.I.U.総合探偵社

父親が責任を放棄して逃げてしまいました。

2009年10月25日 日曜日

<相談概要>  相談者許可済

私には昨年生まれた子供がいます。現在、お金の都合などで、実家に暮らしていますが、
子どもは認知はしてもらいましたが、結婚はしていません。特に養育費は決めていませんが
父親にあたる男は、ときどき、養育費という名目でお金を振り込んでくれます。また、会ったときも、数千円ですが置いていきます。

ところが、最近、連絡が取れなくなりました。彼も実家暮らしなので、ご両親にも聞いたのですが、家出をしたと言っていました。ちょっと、おかしいと思うのですが、調べてもらえますか?

<回答とアドバイス>
認知されているという事は、戸籍に反映されていると思いますので、ご自身とお子様の戸籍謄本をよく見てください。
これは、あなたの権利・お子様の権利を裏付ける証拠です。
こうした場合、地方自治体に住民票などの請求をすると、窓口で相手の住民票を発行してくれるはずです。
個人情報の保護の問題もありますが、子の福祉に関係する問題であって、決して社会的に無視する事はできませんし、その他の事由からもあなたの請求は公共福祉に根拠があります。
ちなみに、基本的人権はとても重要ですが、それは公共の福祉に反しない限りという限定がありますから、まず、100%、あなたは子の母親として認知をした彼の住民票を請求できます。

入手した住民票をよく見て下さい。これが住民票ではなく、除票などであったら、引越しをしています。もしも、それが実家のままであったら、すぐに養育費の請求をするための手続を行ってください。(相手地域を管轄する家庭裁判所)

例えば、事前に養育費を請求しない書面などを作っていたり、約束をしていても、子の福祉には敵いませんから、基本的に請求できるはずです。

まず、住民票からやってみてください。それであれば、300円程度であるはずです。
もしも、こうしたことをやっても、どうにもならない場合に当社をご利用なさって頂ければ
と思います。お金は使うとなくなりますから。

<事後報告と相談>
住民票を見たところ、引越しをしていました、というか、結婚していました。
彼のご両親とも話しましたが、養育費を払うつもりはないとのことです。
それから、私と子どもの存在がお嫁さんにバレたら、結婚が壊れるから、話し合い等
もしたくないそうです。もしも、近付いたらストーカーで訴えるとまでも言われました。

<回答とアドバイス>
なんとも無責任な人たちでしょう・・・。
別段、交際を要求しているわけではないのですから、ストーカーにはなりません。
この点は、ご安心して下さい。もしも不安なら、この話でストーカーで訴えると言われたが
そうなるのか、最寄の警察署へ相談をしに行っても良いでしょう。

さて、問題がこじれていますが、調査云々はもう必要ないと思いますので、
すぐに相手の地域を管轄する家庭裁判所で養育費の請求申立てをするのがもっとも
よいと思います。

また、最寄の弁護士会や法テラスに相談してみるのも必要だろうと思います。
一人の子どもが成人するまでに2000万円から3000万円かかると言われています。

お子様もまだまだ、手がかかる時期ですから、あなたも、なかなか働きに出ることも
難しいでしょうし、払うものはきちんと払ってもらって、お子様の成長のために役立て
なければ、と思います。

<相談者様から報告>

弁護士の先生が相談のときに、相手のご両親に電話をしてくれました。
養育費に応じるということです。月額3万円ですが、子どものために使います。
今までサポートしてくださってありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

認知があったことが探す上でも養育費の問題でもポイントでした。
我々のようなプロの探偵社に依頼しなくても、十分解決できる問題もありますから
まずは、ご相談から始めてみるのも1つの手段であると思います。

T.I.U.総合探偵社
anshin@go-tiu.com
03-5773-5589

これは投資詐欺でしょうか?

2009年9月23日 水曜日

<相談内容>ご依頼者様許可 既存調査・・解決済

親の遺産を2000万円ほど、インターネットで見つけた投資会社に預けました。
長期の運用で、1年後に10%の配当がついて戻ってくるというものです。

御社のサイトを見て、金融庁や財務局に登録していない業者はダメとか、契約書を
よく読むように書いてあったのですが、私の場合、契約書ではなく、借用書です。
また、投資会社の名前での登録は問い合わせて聞いてみましたが、ありませんでした。

電話は通じるのですが、会社行くときは予約が必要だったので、これも御社のサイトに書いてあったのですが、住所貸しのバーチャルオフィスであるかどうか調べたところ、書いて合ったとおり、バーチャルオフィスでした。

<初回回答>概要
出資法・金商法違反の恐れが強いと思います。
すぐに法人登記簿を入手するなど、相手の居所を判明させるべきです。
また金銭の授受について記録があるかや、借用書にどのような文言があるか、
相手側(債務者)氏名や住所がどのようになっているかを良く見てください。
これが会社の場合は、会社の債権になりますので、連帯保証人を設定していない限り
基本的には現段階で代表取締役などを追及する事ができません。
(法人と自然人は別)
まずは、居所の判明を早急に行ってください。また、状況をきちんと把握したいので
資料などのコピーを全て郵送して頂いたり、ご持参いただくなどして、早急な対策を
行う事が必要であろうと思います。

<調査概要>
株式会社登記はバーチャルオフィス住所で行われ、代表取締役住所は存在したが
居住者が不明であった。
よって、素行調査と情報収集調査を同時併行で行い、居場所の確認を行ったところ
代表取締役住所は、作業部屋になっており、投資会社の代表者と営業マンが
週に2度出入りするのを確認した。この際、双方の居所を追跡し、居場所を判明した。
また、代表者は都内高級タワーマンションに居住しており、妻子と暮らしている事や
高級外車を乗り回していることが判明した。

<対策>
・運用証明書を請求する対策及び法手続きを行う事。(法手続きは弁護士)
・出資法違反・金商法違反から法手続きについての相談(弁護士)
・消費者契約法、詐欺による取消についての法手続き(弁護士)
・・・当社(T.I.U.総合探偵社)
各種必要な証拠類の収集、ご依頼者様のサポートを行う
証拠書類が無いものは、投資会社代表者が直接対面で説明を行うということから
質問シートを弁護士と共同で制作、録音装備を施し、当事者録音による立証を
行う。(録音素材は当日開始で反訳を当社が担当する。)

<途中結果>
弁護士通知後、代表者からの連絡で分割返済に応じる書面が提出された。
しかし、初回約定金額を支払った後、連絡のみ通じなくなり、支払いがなされなかった。

<変更依頼>
素行調査及び情報収集調査を同時並行し、執行先などを決定するための特殊調査を
開始し、執行先に関する内偵調査を開始。
方針としての債務名義にあわせた執行先情報を入手した。
この情報から仮差押の手続が行われ、本訴へと移行する。

<結果>
投資会社代表者から和解が提案され、調査費用・弁護士費用・残債を返還することで
和解が成立した。

免許証の住所に住んでいない相手に対しての請求

2009年8月20日 木曜日

<相談>公開許可
相手にお金を貸す際、借用書と一緒に免許証のコピーを取りました。
相手が返済をせず、連絡が取れない状態でしたので、免許証の住所に行ったのですが、住んでおらず、別の人物が住んでいました。
内容証明も送りましたが、宛て先不明で戻ってきました。請求するために居場所を探したいと考えています。

<回答・アドバイス>
本件については、借用書がありますし、免許証がありますので、債権者として正当な権利のもと、調査は可能です。免許書の住所は、住民票などが基本になっているので、すでに転居したなどの理由が考えられますが、コピーというところから、差し紙などで偽造した恐れもあります。
また、郵便物(内容証明)が宛て先不明となるという事は、郵便物の転送などはなされていない1つの情報となるので、これも居場所を探す要素になります。
できれば、借用書や免許証の他、関連する資料などを確認させていただきたいと思います。

<調査に関して>
調査に関しては基本的に情報の確認からスタートします。
基本的な流れは下記の通りです。

1、免許証上の住所の確認・借用書上の住所の確認
2、資料収集
3、情報収集に伴う聞き込みなど。

本件は、「免許証上の住所の確認・借用書上の住所の確認」において本人の居所についての情報が確認的な聞き込みの段階で判明しました。この情報によって聞き込み調査を進め、居所を判明しました。

同様案件において、相手先居所の半数以上は初期段階で、判明しています。
また、初期段階調査では、裁判などの送達に必要な情報(付郵便調査報告書等にある基本的な情報)収集は必ず行いますので、居所を判明しなくても手続きを先行して行っていこうとする方針の方にも非常に有効で、リーズナブルな料金設定となっております。

機動調査担当者

離婚届を勝手に出されてしまいました。

2009年8月5日 水曜日

相談  抜粋・許可有
夫に離婚届を勝手に出されていました。気が付いたのは、浮気調査で浮気の証拠を撮って貰い、話し合いをしたときに、あまりに夫が余裕の表情でしたので、問い詰めたところ、「もう離婚している事になっているから、今頃、浮気だとか言われても、あまたはただの同居人ですから。」と居直りました。その日の内に夫の実家のある県外まで車で行き、戸籍を確認しましたが、確かに離婚となっていました。
子供の親権者も夫になっていました。色々と忙しくて全く気が付きませんでした。夫は私だけ追い出そうと考えていたみたいです。

回答
まず、こうした場合は家庭裁判所に「離婚無効の調停」を申し立てて下さい。離婚届を勝手に出すといった行為は、基本的には刑法上の罪となります。
私文書偽造行使(刑法159条等)ですから、三月以上五年以下の懲役となる可能性があります。
ですから、刑法上の告訴も行う場合は、最寄の警察署で相談することをおすすめします。
また、「離婚無効の調停」が不成立の場合は裁判という形となります。
まずこれで離婚を無効にして、一度お子さんに関する親権も共同に戻した上で、離婚をしていかなければならないというお思いであれば離婚調停を再度行うなどの手段が有効であろうと思います。

離婚を考えていますが、家のローンはどうすれば良いか悩んでいます。

2009年7月20日 月曜日

<相談事例 抜粋>ご相談者様許可

私は専業主婦です。大学の在学中に今の夫と結婚したので、アルバイトもした事がありません。子供が二人いますが、夫から離婚をして欲しいと言われました。数年前から夫には不倫相手がいて、そちらに子供ができたそうです。

正直なところ、私も夫には気持ちは無く、生活さえ安定すれば、それで良いと思い、離婚を考えています。

そこで、夫へ今住んでいる自宅の名義を私にするように言ったのですが、銀行のローンがあり、住宅ローンには審査があるため私のように就職したことの無いような専業主婦では、ローンの名義変更ができないから、名義は渡せないというのです。

騙されているような気がします。

<回答 抜粋>

住宅ローンについては、確認する必要があると思いますが、住宅ローンの名義変更については、確かに現在の状況では奥様への名義変更は金融機関サイドから断わられる可能性は極めて濃厚です。

似たようなケースでの財産分与を分析すると、分与方法は大きく3つに分けられます。

1、自宅を売却して、その売却益を分与対象にする。

住宅ローンの残債より高く売れれば、その分が売却益ということになります。その売却益を離婚時に清算するという方法です。住宅ローンの残債が少ない方や家を処分したい方(実家に戻るため、必要が無い)等の場合、多く取られている方法です。

2、自宅のローンは夫が払い続け、妻側が自宅に住む。

この場合、いくつかのメリットがあります。例えば、固定資産税は名義人のところに行きますから、夫が払うことになりますし、夫は自宅に住まず、ローンだけ払うわけで、奥様は家賃などを支払うわけではないのですから、大きな利益があります。

しかし、夫は売却してしまう事もできますから、そうならないように、きちんと契約などを交わして危険を回避しておく必要があります。

3、自宅に夫が住み、ローンを支払い、妻がその分の差益をもらう。

特に奥様側が実家などに引っ越す場合、自宅を処分した方が良いのですが、夫が拒否する場合もあります。こうした場合、住宅ローンで支払った部分を財産と考えて、離婚時に清算する方法です。

住宅ローンが残っているという事は離婚の際、よくあることのようです。ですから、お互いがフェアに納得するように調整する事が、もっとも良い方法です。ご相談者様の場合、今まで就業したことが無いということですので、住宅ローンの名義変更は厳しい状況だと思います。金融機関サイドも支払が滞ると、強制競売をされてしまう可能性がありますから、ご自身に資力がないと、夫側に支払いを止められたりして、大損害を被る可能性もありますから、十分注意しておく必要があります。

このブログの運営元
T.I.U.総合探偵社