‘ストーカー’ カテゴリーのアーカイブ

マンション前の不審人物

2011年1月15日 土曜日

ご相談者様許可
<相談概要>
自意識過剰かもしれません。友人に相談しても、あまり気にしない方が良いとしか言われないのですが、よく駅や電車で見る方が、平日の夜、ほとんど毎日、私のマンション前の公園にいます。怖いので、無視しているのですが、これはストーカーなんでしょうか。
<回答概要>
簡略ですが、ストーカー規制法では、特定人の監視などつきまとい行為等の繰り返しでストーカー行為となりますが、ご相談者様のケースの場合、ただ、公園にいるだけでは、ご相談者様を特定して監視なり待ち伏せをしているとは、直ちに言えません。ですから、現段階でストーカーかと厳密に考えた場合、ストーカーを断定することはおよそ不可能であろうと思います。
こちらで、その方の身元を調べた後、事情を聞いたり、その監視の様子を確認していくことは可能です。また、ご相談者様の身の安全をはかることも可能です。
他の方法としては、不審者として警察に通報するなり、相談することもひとつの方法です。

<事後>
通報したところ、以降、不審車はいなくなった。不安が残るということで、相談者様は引越しをしたとの事である。尚、引越し先は弊社が案内した防犯の専門家が同行し、格安でT.I.U.防犯部が防犯カメラなどを設置した。

<関連業務>
・引越し先のアドバイス(同行など15,750円)。
・防犯カメラの設置(126,000円から)

T.I.U.総合探偵社

部屋に誰かが入った形跡があります。

2009年7月20日 月曜日

<相談事例 抜粋>

部屋に誰かが入っている形跡があります。毎日というわけではないのですが、トイレや食器、冷蔵庫の中など、いろいろなものが家を出た時と帰ってきた時で若干レイアウトが異なっています。

<調査事例 抜粋>

調査現地がマンション(1DK)であったため、侵入経路としては同線確保ができるため、玄関・窓を中心に家具家電内に小型カメラを設置し対応する運びとなった。

家電自体は持ち込みでの対応となったので、小型カメラのレンタル料金と設置料金、DVR(ハードディスク型録画機)のレンタル料金のみのエコノミープランで1週間での対応となった。

流れとしては、

1、写メで室内の画像を当社メールに送っていただき、設置可能家電家具の選別を行う。

2、家電家具の持ち込み-設置作業の開始(作業完了目安3日間ほど)。

3、御依頼者様自身でモニターチェックをしながら、設置。(電話サポートあり)

4、証拠収集開始

<結果>

合いカギを使った侵入者を確認、御依頼者様の関係者であることから本件は話し合いによる終結という運びとなった。

コメント

当社の使用する機材は、一般ユースのものではなく、例えばDVR(ハードディスク型録画機)で42万円ほどする調査機材を最低レベルの調査機材として使用します。(レンタル料金は6,000円から)なぜこうした機材を使用するかといえば、暗所記録や記録の安定性、画質において格段の差があるためです。また、T.I.U.総合探偵社は同グループ内に防犯機材や調査機材を設計・製作・販売などを行う部門を独自に持っていますので、専用機材などを調達することが優位に行うことができます。

特に一定箇所を中心被害とするストーカーの場合は、こうした対策が非常に効果的であり、安価に証拠を保全することができます。

このブログの運営元
T.I.U.総合探偵社

自宅の玄関まで元彼が来て困っています、ストーカー被害として何かできないでしょうか?

2009年7月20日 月曜日

ストーカー被害としては、つきまとい行為等を同一の者に繰り返し行うことで立証が可能です。

つきまとい行為等とは、8つに分類できます。

1、つきまとい・待ち伏せ・押しかけ

2、監視していると告げる行為

3、面会・交際の要求

4、乱暴な言動

5、無言電話など

6、汚物などの送付

7、名誉を傷つける行為

8、性的羞恥心の侵害

今回のご相談の場合は、玄関先での言動や住所などを教えていたかなど詳細な状況を把握する必要がありますが、面会の強要などの点で、つきまとい行為等となり、繰り返せば、ストーカー行為となるでしょう。

特に玄関まで来る場合、お住まいがマンションやアパートなどで、元彼がその敷地内に許可なく不法な目的で侵入している場合は、住居侵入罪となる可能性があります。

また証拠収集に関しても、玄関周辺にカメラなどを仕掛けるだけで、主要な証拠収集はできると思います。

T.I.U.総合探偵社では、調査用の機材をこうした場合、設置から行う事ができ、レンタルする事ができますので、安価に証拠収集を行う事ができます。(9,800円から)

まずは、なるべく多くの証拠を収集しておき、状況などをまとめておく事が重要だと思います。

このブログの運営元
T.I.U.総合探偵社