‘浮気調査’ カテゴリーのアーカイブ

別居中の夫が浮気相手と暮らしているようなのですが。

2012年9月24日 月曜日

<相談内容>~概要
先月、夫が突然、家を出てしまいました。引っ越し先を聞いても教えてくれません。部屋にはまだ荷物があるのですが、3歳の子供と0歳の子供がいますので、後をつけるとかも考えたのですが、子供を置いていくわけにもいきません。
夫は出て行く前に、様子がおかしく、帰宅も遅かったし、下着を洗濯ものに出さなかったり、出張とかはないはずなのに、外泊もありました。携帯にもロックがかかっていて、メールとかも見れませんでした。
一度、荷物を取りに夜中に夫が来たのですが、きちんと洗濯されている服を着ていたし、一切家事とかはできない人なので、おかしいと思いました。きっと、別居先で浮気相手と暮らしているのだと思います。
できれば、夫には帰ってきてもらい、浮気相手には慰謝料を請求したいです。

<調査計画>
夫は主に普通自動車で動き、会社では営業職であり管理職である。退社時間は変動的であるが、会社のシステム上、基本的には午後9時までには退社しなければならない。
また、営業先からの直帰もあるようで、会社に戻らないことがある。車は会社の駐車場に停めておけるようで、翌朝の出勤は、営業車でということもある。

調査では、まず、調査の始点を定めていくため、夫の別居先を調査判明する事が必要である。直帰することを考慮に入れるとしても、頻繁に直帰をしている様子ではないので、まずは、会社からスタートして、帰宅先を割り出すことを優先するのが妥当だと判断する。

<事実調査>
夫は初回調査において、会社から自家用車で別居先となるマンションに帰宅した。マンションはマンスリータイプのマンションで、会社から比較的近い場所であった。
帰宅した際、部屋の明かりが点灯し、対象者である夫は、鍵で開錠をしていなかったことから、同居人がいるものと判断した。

以降は、浮気調査に移行する。
朝の出勤時間から会社に行くまでの他、同居人も併せて尾行をする。同居人は、対象者と同じ会社に入り、この対象者の部下であることが判明した。
帰宅は部下の方が先に帰り、対象者である夫は、その後自家用車で帰宅するといったパターンが多いようであった。
調査は3回分の浮気調査を同様に実施し、同居事実はほぼ確定したと考え、報告となる。

<当初概算見積もり>
30時間調査パック 420,000円
調査人員2名、追跡用バイクセット、調査機材一式、特殊調査機材、通信機器、調査報告書付

<事実調査費用総額>
調査実施稼働時間:21時間
経費総額:23,000円
返金相当額:-126,000円
事実総額:317,000円

※パック料金であっても、調査稼働時間に当たらない時間については返金処理が行われます。
この対応は、事前にお見積りした費用は、あくまで予測の範囲であって、ある程度余裕をもった見積もりとなるためで、事実調査においては、調査を実施した分の費用を精算することになります。

<最終的に>
弊社が紹介した弁護士さんによる通知書(内容証明郵便)によって、夫は不貞事実がある場合は離婚請求ができないこと、一般用語としての別居と、法的に言う婚姻破たんとなる別居の意味は異なり、単に家出をしたからと言って、直ちに別居となり婚姻が破たんしたとはならないという事実の通知を受ける。また、不倫相手である部下に対しては、不法行為として提訴するとの通知が送られた。
これにより、不倫の関係は解消した様子で、夫は一時的に帰宅することになった。
火種は残るものの、一旦は元の鞘に戻ることで決着した。
(弁護士さんの紹介は無料です。)

一方的な別居行為についての調査

2011年1月7日 金曜日

ご依頼者様許可
<相談概要>
1年ほど前より夫が「離婚をしたい」と言い出し、先月から家に帰ってこなくなった。大掛かりに荷物は持ち出さず、友人宅を転々としているとだけしか明かさない。連絡をするたびに、「離婚をしてくれ」の一点張りで話し合いにもならず、特に大きな理由も見当たらないため、浮気をしているのかもしれないと思った。

<調査概要>
夫の勤務先で在籍の確認を行ったところ、通常に在籍し勤務しているという事であったので、勤務先から追跡を行った。
追跡の結果、一般的なファミリー向けのマンションに帰宅していることが判明した。

調査期間:1日間
調査費用:総額43,500円(経費を含む)

<追加調査>
「同居人の有無」「浮気について」「生活実態」「浮気の場合は相手の氏名など提訴に必要な情報」の4点の調査を追加で行った。

基本的にこのような場合は、張り込み調査を行い、夫の帰宅先の様子を確認していく事から開始される。この確認において、同居人は1名であり、年下と思われる女性と同居している事が確認できた。
また、同居人を調査したところ、取引際の女性である事が判明した。
聞き込み調査においても、周囲や不動産業者などには、夫婦であると届け手鋳ることが判明した。

調査期間:4日間
調査費用:総額176,980円(経費を含む)

<事後>
夫の浮気相手に対する通知書の送付によって、慰謝料を請求したとの事であった。また、夫に対しては、不貞行為によって自らの有責性により、離婚請求ができず、ご依頼者様である妻側は、協議による離婚及び調停には応じない考えを通知したとの事である。

T.I.U.総合探偵社

浮気調査において迎えがあるケース

2010年3月1日 月曜日

ご依頼者様許可
<相談概要>
他社で妻の浮気調査を依頼したのですが、全く結果が出ませんでした。御社を紹介されたので、お見積りなどを頂きたいと思います。
妻はパートに出ていますが、多分シフト通りなので、気になるのは土日祝の休日の動きです。今まで、パート先のコンパだとか、同窓会、休日出勤のシフトを変わってあげたとか、何か理由をつけて出掛けています。いつもは、ジーンズとダウン等カジュアルな服装で行くのですが、そうしたときに限って、化粧をしてスカート等で出掛けます。携帯はロックされており、指紋認証なので、手が出せません。

<回答から打ち合わせ>
ご依頼者様からの情報だと、調査日は前日夕方までには必ずわかるという事でした。(子供が居るので、夫の休日に合わせるそうです。)通常の場合、事前に調査日程を入れるので、前日夕方からのご予約だと既存依頼が優先される等の条件の認証を頂きました。また、前任の探偵社が報告書を出さないので、事情を聞いたところ、どうも中途で撒かれているようでした。
その主な理由は、毎回決まった駅ではなく、別の駅まで車が迎えに来ていて、その時点から先の尾行が遂行できないという事であろうと推測できました。(奥さんは自転車・電車を主に利用するとの事です。)
そのため、現地には徒歩尾行班とバイクチームが派遣され、通信機材を利用した移動確認システムを配備することとなりました。

<調査について>
調査時、電車の移動速度は他車両と比べると非常に速いため、遠距離移動をされるとバイクチームが降車駅に追いつかない可能性があるため、バイクチームは分散して配備されました。
初日で運良く、最寄り駅から1駅移動での待ち合わせを行っていたため、バイクチームは電車移動に追いつきました。
その後、バイパスを通り別の市に移動して、県境にあるラブホテルに対象者である奥様が乗った車両が入ったため、証拠を収集しました。ラブホテルでの小休憩後は、再び2班に別れ、車両を運転する第二対象者(奥さんの浮気相手の男性)の住所を判明させました。

<情報収集>
ここまでの浮気調査で判明している事実は、浮気の事実と浮気相手の姓と住所です。ご依頼者様は相手の男性に対する損害賠償請求をするとのことでしたので、フルネームの他、各情報の収集に当たりました。

<結論>
親権についての問題がありましたが、ご依頼者様のお話によれば、平日は学童に預けているようで、浮気をする間はその日1日を夫に預けていることから、教育権の放棄などから十分親権は争えるとのことでした。
ただし、これには他要素も含まれると思われます。(子が児童であったり、女子である場合は、不貞行為があってもそれが親権に影響する事はあまり確認できません。それは、不貞と育児は別の問題であると考えられるからです。)

当社の範疇としての浮気の立証は十分合格レベルという事でした。ラブホテルの場合は、ラブホテルの玄関の出入で証拠としては十分であると考えられております。本件の場合は、部屋を選ぶ様子やエレベーターから降り、部屋に入る様子、さらに部屋から出てくる様子から車に乗り、最寄り駅まで送るところまでの一部始終が映像(動画・静止画)で記録されています。

<所見>
仮に当社であっても、駅に対象者の相手が車等で迎えに来ていた場合、車両の配備がなければ、タクシーで追う方法以外の尾行態勢を確保する事はできなかったものと考えます。ただし、どの車に乗ったかまでの証拠は収集されますので、その後の調査では、相手を含めた監視体制で調査を挑めます。
このようなケースは、すでに確認されており、二度目以降の調査でほぼ判明しています。

警戒していますが調査可能でしょうか?

2009年12月27日 日曜日

ご依頼者様許可
<相談概要>
妻の浮気調査です。一度は浮気を認めたのですが、その後ギクシャクしていて、妻が家を出ました。実家に帰るという事でしたが、実家には戻らず、妻の実家が持っている不動産で暮らしています。その後、妻から調停の申立てがあり、その際は浮気を一切認めませんので、振り出しに戻っています。御社とは別の調査会社に浮気調査を依頼しましたが、どうやら、ばれたようで、私のところにも、妻から電話がかかってきました。
どうしても白黒つけたいので、浮気調査を依頼したいのですが大丈夫でしょうか?

<回答概要>
できれば、前任の探偵社の名前や報告書を見せていただきたいと思います。また、立地の問題で張り込みなどの計画案が安全かどうかなどを判断したので、詳しい情報をお願いしたいと思います。なお、失敗調査のやり直し調査には当社は実績がございますので、ほとんどのケースで調査の継続が可能です。
稀に警備会社(専門シークレットサービス)に依頼なさっているケースでは、調査継続に日数がかかるケースがございますが、そのようなこと自体がなければ、十分可能であろうと思います。

<調査に関して>
分析
対象者は、車で駅まで移動したり、タクシーで移動、高級自転車(スポーツタイプ)で散策するなど、様々な交通を利用するため、その対応ができなかったため、前任の探偵事務所はミスをしたのであろうと思われるが、対応は可能であった。
また、警戒はしている様子は見受けられるが、特定地域のみの警戒であり、人の混雑する地域では警戒しているものの、調査スタッフを認識することはできない様子であった。

実務情報
担当弁護士と対象者の会話では、浮気事実は既存であり、弁護士から注意を受けている場面もあったが、離婚まではこの事実を隠匿する計画であった。
また、浮気相手とは頻繁に密会しており、ホテル・別居先自宅への出入りがあった。尚、聞き込みでは、1年ほど前からホテルをよく二人で利用しており、夫婦であるとの認識であった。(宿帳の記入やメニューなどへのサイン、過去の記念写真など)

離婚・不貞行為について
不貞行為は認められ、悪質であるとの判断に至ったという事であった。また、離婚については、以後修復不能としたご依頼者様(夫)の考えもあり、合意に至り、ご依頼者様に非常に有利な条件での財産分与となった。

T.I.U.総合探偵社

別居中の夫の浮気調査について

2009年12月23日 水曜日

ご依頼者様許可

<相談概要1>
別居から1週間経ちます。夫は多分、女の家に行っています。しかし、それがどこの誰なのかもわかりません。別居になる時、夫のメールを見まして、その内容が休日出勤と言っていた日に女とデートしていたという内容で喧嘩して、夫はその日の内に家を出て行きました。結構長い付き合いのようです。

<回答概要1>
会社勤めの場合、勤務先からの追跡などで帰宅先を割り出すなどの方法で浮気調査をする事が可能です。この方法は基本的な方法論ですが、仮に浮気相手の家に滞在しているようであれば、浮気相手の身元を判明させることも可能となります。

<相談概要2>
勤務先は判っています。ただ、社屋がいくつか分かれていて、どの社屋にいるのかわかりません。それから、だいたい時間で料金が決まるそうですが、どのくらいお願いすれば良いかわからないので、どのぐらい金額かかかるか目安のようなものがあれば教えていただきたいです。

<回答概要2>
まず、社屋がいくつかある場合や営業職などで直帰があるなど、調査の開始場所が不安定な場合でも、ある程度の特定は可能です。これは、プラン提案でほとんどのご依頼者様は解決できます。
料金の概要については、プランによって異なります。標準的な平日5日間の調査の場合、20万円から30万円というのが、T.I.U.総合探偵社の料金帯です。
・調査人員2名、1日6時間×5日間、報告書・機材・車両付
時間スライド、延長可能
・・・調査現場からの連絡など状況把握と判断ができます。

<調査に関して>
上記に関する浮気調査では、調査対象者である夫を確認後、当日の内に帰宅先を判明し、翌日から同人等の様子や浮気相手となる女性の身元などの調査に移行しました。

T.I.U.総合探偵社

妻から好きな人ができたから離婚してと言われた。

2009年11月7日 土曜日

<相談概要> 依頼者許可

妻から好きな人ができたから、離婚してと言われました。無理だと言いましたが、毎日、
離婚を迫られています。また、好きな人ができたと告白して来た日から、毎晩、夜は出掛けて居ません。
どうしたら良いでしょうか?正直、もう離婚はしても良いと思っていますが、あまりに勝手な言い分に素直に離婚することに同意はできません。

<回答概要>
奥様の告白は、一般的に考えれば、浮気しただろうと推測できますが、「好きな人ができたから、離婚して欲しい。」の言葉に、「浮気をしたから」という言葉はどこにもありません。

例えば、それは浮気をしたという事なのかどうかを問いただし、事実明白な自白を得れば、浮気調査をする必要はありません。きちんと書面に残すなり、録音して後の証拠にしていただければと思います。

また、浮気をした事実が明白になった時点で、奥様は有責配偶者となりますから、自ら離婚請求を提起する事はできなくなります。ただし、現在は「破綻主義」が取られていますから、相当期間の婚姻関係の破綻があれば、離婚はできますし、破綻後の浮気は、不貞行為にはなりません。

現段階では、破綻とはいえませんし、婚姻関係は性行為を基準としているものではないので、夜出掛けてしまう場合であっても、婚姻関係は破綻していないと認められるはずです。

ですから、自白させるか、浮気調査をするか、よく検討すべきだと思います。
また、夜出て行く日をきちんと記録しておく事も有効です。

浮気の事実がわかれば、浮気相手を訴えることも可能です。

離婚となれば、責任の有無関係なく、財産分与などをする必要がありますから、慰謝料で相殺するなど、ご相談者様自身がご自身の将来をよく考えて、今出来る対策をする事が最も最良の対策であろうと思います。

T.I.U.総合探偵社

見知らぬ黒いボックスがカバンにありました。

2009年10月31日 土曜日

相談者条件付許可

<相談概要>
一昨年、マイホームを建てましたが、昨年部署が移動になり、通勤などが倍以上かかり、
残業も多くなりました。ローン返済には都合が良いのですが、帰宅ができない日があっ
たり、家での時間が極端に減った事で、妻には浮気を疑われています。
先日、カバンからブザー音がしましたので、その音を辿っていましたところ、見知らぬ
黒いボックスが入っていました。
恐かったのですが、黒いビニールテープを剥すと、一定間隔でランプが緑色に
点灯します。

<物品検査> 相談の流れから物品検査をする事になった。
GPS式発信機であると判断しました。メーカー製造番号は、剥されていたり
ヤスリで消されているため、判別は不能です。

<奥様との話し合いの結果>
奥様はGPS式発信機を利用して浮気調査マニュアルなどにあるとおりの調査を
しようと試みていたそうです。

盗聴器・盗撮機器・発信機などの検査も行っておりますので、不審なものがある場合
はT.I.U.総合探偵社へご持参下さい。

離婚届を勝手に出されてしまいました。

2009年8月5日 水曜日

相談  抜粋・許可有
夫に離婚届を勝手に出されていました。気が付いたのは、浮気調査で浮気の証拠を撮って貰い、話し合いをしたときに、あまりに夫が余裕の表情でしたので、問い詰めたところ、「もう離婚している事になっているから、今頃、浮気だとか言われても、あまたはただの同居人ですから。」と居直りました。その日の内に夫の実家のある県外まで車で行き、戸籍を確認しましたが、確かに離婚となっていました。
子供の親権者も夫になっていました。色々と忙しくて全く気が付きませんでした。夫は私だけ追い出そうと考えていたみたいです。

回答
まず、こうした場合は家庭裁判所に「離婚無効の調停」を申し立てて下さい。離婚届を勝手に出すといった行為は、基本的には刑法上の罪となります。
私文書偽造行使(刑法159条等)ですから、三月以上五年以下の懲役となる可能性があります。
ですから、刑法上の告訴も行う場合は、最寄の警察署で相談することをおすすめします。
また、「離婚無効の調停」が不成立の場合は裁判という形となります。
まずこれで離婚を無効にして、一度お子さんに関する親権も共同に戻した上で、離婚をしていかなければならないというお思いであれば離婚調停を再度行うなどの手段が有効であろうと思います。

浮気調査時の車の乗り換え

2009年7月20日 月曜日

<相談抜粋>

自分所有の車を妻が乗っています。妻の様子がおかしいためカーナビのチェックとGPS発信機(盗難防止用)を設置して行動をチェックしていますが、時折、GPSの位置測定が出来なかったりします。住まいは都内ですが、妻はマンション敷地内の駐車場から車で出て、ターミナル駅に行っているようです。私の思い違いなら良いのですが、何か良い方法があったら教えてください。

<回答抜粋>

GPSは万能ではありません。状況環境が悪ければ、位置測定はズレが生じるのは当然ですし、自動車であれば移動中は正確な位置測定が出来ないというのは、当然です。また、調査の中から見出せる可能性は、地下駐車場や混線しやすい地域や通信妨害機器などです。

多くの盗難防止用GPS機器は、携帯電話などの通信方式を採用していますから、携帯電話などの電波が圏外の場所や微弱となる場所では、正確な位置測定が出来なかったり、測定自体が出来ないことがあります。GPSは端末の位置を衛星で確認するシステムであって、その情報を今度は別の検索した端末に送らなければなりませんから、位置測定は基本的には出来ているが、情報通信が出来ないという事になります。

続いて、混線しやすい地域でも同様で、GPS情報の補正を様々に設置された携帯電話などの基地局から情報補正をする際に、混線が多いと、やはり正確な位置の測定はできません。

同様に通信妨害機器などは車両窃盗などに多く使われる手口で、これも端末の情報通信を妨害電波によって遮断することにより、位置測定の情報通信を不可能にしてしまいます。こうした機器は「携帯ジャマー」と呼ばれていることが多く、携帯電話の電源を切らなければならないような劇場や会議室などに設置されています。

そのため、GPS機器がすべて万能であると考えるのは無理があります。また、その位置を確定させた上で、証拠収集は証拠収集で行う必要があるため、ご自身で調査を行う場合は大きなリスクが伴います。(鉢合わせの可能性や異常な警戒心をもたれる場合が多い。)

ですから、できれば、事実調査を行い、万全な体制で調査に挑まれる方が良いのではないかと率直に思います。

<浮気調査事例より、抜粋>

妻の様子がおかしいという夫の相談から浮気調査となった初日、妻は車で移動を開始、追跡すると車は地下パーキングエリアに入った。

追跡チームは、車両班(機動調査部、普通自動車)とバイクチーム(2台編成)。

車両班も同様に地下パーキングエリアに侵入、停車位置を確認する。

続いて、バイクチームは追跡位置で待機。

対象者である妻は、男性の待つ車に乗り、車は発進、バイクチームが追跡し、車両班が合流となった。

====================================

こうした車両の乗換は思った以上に多く、ご依頼者様がセルフでGPS通信機器などを対象配偶者の車両に設置していても位置確認ができなかったり、確認ができても対象配偶者を発見できないというケースから事実調査となる。

また、追跡の上で最も有効であると考えられるのが、自動車とバイクの混成チームである。

自動車は張り込みや同車両での追跡、人員の配属、調査機材の保管や補給に有効であり、バイクは追跡に長けている。

ただし、シチュエーションが都内や大都市圏から離れると、バイク自体があまり通行していないということがあるため、車両2台以上での追跡が有効なケースもある。

このブログの運営元
T.I.U.総合探偵社

浮気調査を考えているのですが、いくらかかりますか?

2009年7月20日 月曜日

<相談事例 概要>

浮気調査を考えています。

ネットなどで調べていると、料金が色々と載っていて、どのくらいかかるのかがわかりません。

離婚をした友人に聞いたところ、50万円から100万円は覚悟しておいた方が良いと言われましたが、そんなに費用がかかるものなのでしょうか。

<回答>

探偵・浮気調査の相場は、1時間あたり1万5千円から2万円前後と言われており、タイムチャージ制(時間従量制)の料金帯ですので、浮気をする日に浮気調査を行わないと、高額な費用がかかるであろうと思われます。

ですから、その離婚をした友人の方のご意見は強ち間違っているとは思えません。

これは、浮気調査というある種のサービスの完成が浮気をするであろう対象者の行動に依存するためであり、また、ご依頼者様の決める調査日程に依存する性質があるためです。

例えば、何かのものを作る業務の場合は、往々に自己の作業で商品自体を完成する事ができますし、他サービス業など、例えば、マッサージ屋さんでは、コリをほぐすなどは一定の知識と技術によってコリを緩和することが自己作業で完成できます。

しかし、浮気調査は浮気をするであろう対象がそもそも浮気をしていなければ、絶対に完成は無いし、浮気をしていたとしても浮気調査の御依頼者様に浮気調査の日程の決定権があるため、その日程を外してしまえば、浮気調査の完成は無いので、探偵がいくら優秀であっても自己完成をする事ができないです。

さらに考察すれば、浮気行為を毎日する人は比較的稀であり、多くは週1、月1というように期間に開きがあります。また、探偵は公務員でもボランティアでもありませんから、こうした調査によって生計を立てる一般人です。もちろん、調査業務は相応に過酷であり危険を伴う場合もある上、ご依頼者様のご要望による労働をするということになりますから、この対価を無償にする事は不可能です。もしも、可能であるとするならば、無報酬という危険負担を多く分散する必要があると考えられます。(稀に完全成功報酬制を取る場合がありますが、これは「浮気行為の有無」という基準よりも「浮気行為の頻度と近接性」をいう基準がご依頼者様のご予算と合致する場合のプランです。)

ですから、他サービスや製品のように、「浮気調査○○万円!!」と総額を表記する事はその性質上できません。

そのため、1時間○○○円というような表示を用い、タームチャージによる対価を料金とするということになります。

T.I.U.総合探偵社は、こうした料金相場の中では、非常に安い価格で浮気調査を提供しています。冒頭で示したように、浮気調査など行動を調べる素行調査に関しては、「1万5千円から2万円/1時間」が相場です。

しかし、T.I.U.総合探偵社ならば、1時間4,800円でプランをセレクトできますし、お試し料金であれば、6時間42,000円で浮気調査が可能です。これは、こと探偵業界において「ほぼ下請料金」であると言われる調査料金です。

そのため、T.I.U.総合探偵社の浮気調査では、20万円から40万円以下で浮気の確定的証拠が取れるケースが全体の大半を占め、10万円以下で浮気の証拠を抑えたご依頼者様も存在します。

また、浮気調査には無償サービスがいくつかご用意され、離婚を考える方の場合、それに伴う必須資料や書類の整備に関するコンサルティングが受ける事ができたり、弁護士さんの紹介やカウンセラーの紹介が受けられます。

保証制度では、浮気調査の空振(浮気調査をした日に浮気をしなかった場合)の際に、次期調査の割引が受けられる「空振保証」をつけることが可能です。こうした制度はご依頼者様にあるリスク負担をより軽減するために作られたもので、T.I.U.総合探偵社は事業収入を完全に重視するのではなく、ご依頼者様の立場に立って、調査を考えるという姿勢の表れです。

また、より詳しいお話をお聞かせ頂ければ、過去データベースと照らし合わせ、どのくらいの期間で浮気の証拠がつかめているかという事をお伝えする事も可能です。

このブログの運営元
T.I.U.総合探偵社