‘子供や家族の問題’ カテゴリーのアーカイブ

成人した子の様子がおかしいので。

2010年3月24日 水曜日

ご依頼者様許可
<相談概要>
成人している子がおります。半年前まで同居していたのですが、独り暮らしを近所で始めました。それもほとんど、寝に行くだけのような生活でしたが、近頃、全く来なくなりました。
彼氏でも出来たのなら、紹介があっても良いとは思うのですが、そうしたことも無く、また、
独り暮らしのマンションにも、あまり帰っていないようです。また、夕方から夜、休日、電話には出ず、メールのみが通じます。勤務先に連絡をしてみましたが、自主退社したということで、今はどこに勤めているかもわかりません。

<回答概要>
・・・省略
あまり想定したくない事実かもしれませんが、現実は目を覆うような状況があるかもしれません。調査自体を行うことを本来、お勧めするところですが、家族の問題の場合、外部の人間となる我々が関与するより、できる限り話し合いによる解決を基本とする事をお勧めしております。この点について、よくご夫婦で話し合っていただき、調査による事実判明がご入用であれば、当社は的確な事実判明に全力で努めます。

<調査前提>
調査は原則素行調査からスタートし、その事実を調査報告書にて報告する。(通常業務)その他については、原則として、家族間の話し合いで解決する。

<調査概要>
素行調査の開始地点の取り決め
洗濯物を届けに来るように母親(ご依頼者様)から打診してもらい、日時をあわせ、調査を開始。
初期日程は2日間の素行調査として、行動パターンの把握などを基軸におき調査を進行した。
ただし、初日の段階で、勤務先らしきマンションに向かったため、内偵調査などを併行して開始する運びとなる。
対象者は、マンションの一室に入った後、2度最寄のファッションホテル(ラブホテル、ルーム貸し型の雑居ビル)に出入をしていた。その後の内偵の結果、出張型風俗店に勤務している事実が判明した。
また、その他に撮影モデルなどのアルバイトもしている模様であり、時間貸しのスタジオへの出入もあった。

<事後>
家族間での話し合いができる状態ではないということから、無料のアフターサービスとして、対象者と話し合いを行ったが、下記のような問題があった。
・彼氏やその人物の関係者との人間関係
・彼氏の借金に関しての連帯保証

以降、個別の問題解決を提案した。
・彼氏やその人物の関係者との人間関係
本人もこの関係に不信感を持ち、また暴力等によっての関係性の持続をしている事実があったため、これら問題の人間関係の断ち切りなどに努力していく事となった。

・彼氏の借金に関しての連帯保証
借用事実が不明瞭であり、連帯保証をしたことを証する書面等が存在していないことが判明したので、原則的に支払自体を拒絶した。催促があるようであれば、法廷などで争わない限り応じない方針を立て、その際は弁護士を紹介するようにして、下準備的な相談などを行った。

※人間関係といっても一種のDVであり、その被害者特有の精神状態に至っている模様であったため、カウンセリングを含め、アフターケアに時間を要した。