‘解決事例’ カテゴリーのアーカイブ

出会い系寸借詐欺師の解決

2009年7月20日 月曜日

<被害事例>

出会い系サイトで知り合った男性と数回会い、借金を申し込まれたYさんは、十数回に渡り、合計640万円をその男性に貸し付けた。その後、Yさんは男性と連絡が取れなくなり、自ら探してみるが、全く手掛かりはなかった。

<調査による立証関係>

まずは、男性の住所などを正確に把握しないと何らの手続も行う事ができません。そのため、既存の情報から男性の身元を追跡する調査から開始します。

手掛かり

・連絡のつかない携帯電話番号・メールアドレス(電話は鳴るが、一向に出ない。)

・男性から告知された氏名

・デートに使用した車両の形とメーカー名・色

・男性から指定された銀行口座等(振込みに必要な情報)

・出会い系サイトの情報(利用してであったサイト、現在登録削除)

・男性との会話からの情報(出身地、訛り、利き腕、前職など)

・写真(携帯電話付属カメラにて撮影)、身長、身体的特徴

以上の情報から、聞き込み調査などを行い、男性の身元を把握、撮影を行い、ご依頼者様確認のもと、本人と断定する。

<詐欺について>

本件の場合、直ちに詐欺と解釈する事は少々乱暴である。なぜなら、その構成要件は主に金銭の貸し借りであって、返済意思なく虚偽理由でYさんに金銭を交付させたのか?という詐欺の構成要件が明確ではない。よって、調査以前の状況と証拠のみから判断する場合は、債権債務の問題であると認識せざるを得ない。本件については、男性がそもそも借り受けた金銭を返すつもりがなく、虚偽の理由によって、Yさんを騙し、借り受けたということ自体を明確にする調査及び対策を行う必要があると考える。

・詐欺の可能性

本件で男性はYさんに対し、「父親の入院費や手術費のため、多額の費用がかかり、また、そうした費用により借金があって、自由に会うこともできない。」としていた。また、Yさんが金銭を出した理由は、父親の手術費が主であり、その他、「取り立ての人が来ていて明日中に20万円用立ててくれないか?」とか「心労で母親が倒れて、入院費が払えない。」等の理由であった。

そのため、男性の身元が判明した時点から、男性の両親について本当に手術などしているのか、また入院などしているのかなどの確認調査を実施した。

調査結果は、男性の両親は健康であり、本人等によれば、「風邪も引かず、病院などにはここ数年、一度も行った事がない。」ということであった。

そこで、そもそも男性はYさんに嘘の理由を提示して、信用させ金銭を交付させたという問題が生じる。

<話し合い>

Yさんは、当社スタッフに交渉記録(証拠保全)を主とした調査を依頼し、男性と直接話し合いの機会をもった。そこでのポイントは、事実を知った事を隠し、未だに騙されているように演じる事である。

なぜなら、多くの詐欺師は何度か被害者を同じ理由で騙すことがあるからである。

Yさんは怒りを抑え、未だに男性の両親が手術や入退院を繰り返しているという前提で、「心配だった」と言い、男性に「大丈夫か?」と尋ねた。

男性はまだ騙せるとでも思ったのであろうか、「連絡ができなかったのは、仕事を増やして昼夜問わず働いていたからで、本当は会いたくて仕方なかった。」「借金があって、親の病気などで苦労をかけるわけで、Yさんをお嫁にもらう事はできない、責任を果たせない。」などと告白し、再度500万円かかると借金を申し出た。

ちなみに、今まで男性がYさんから引き出した金額の合計やその理由には、男性は同意し、認め、書類を当事者同士で取り交わしている。

こうした経緯から詐欺の要件は一応確定していると考えられる。

<訴訟代理人などの選定>

上記の事実を明確にまとめ、各種証拠物を整備した後、訴訟代理人となる弁護士さんを紹介し、法手続きを検討した。

懸念となるのは、「もしも刑事告訴し、事実捜査が開始され男性が詐欺罪として起訴となるような運びになったと仮定した場合、男性に資産がなければ裁判判決を持ってしても事実上の被害金の回収は不能となる可能性がある。」ということであった。

※注意:刑事告訴などは罪を問う手続であって、金銭を返済せよという問題は考えられない、金銭の返還などを求める場合は、民事訴訟などの民事手続を行う必要がある。

加えて、当社調査によって男性の生活実態の一部は判明しているが、主にパチンコなどの興じ、定職に就いている様子はなく、収入や資産はほぼ無いと思われる。

こうした事実を踏まえ、訴訟代理人は裁判前に男性を呼び出し、交渉を行った。その結果、男性は事実を全面的に認め、返済に合意した。

しかし、返済に合意したからといって事実返済がなされるとは限らない。

そのため、公正証書の作成が行われ、もしも返済が滞った場合、すぐに差し押さえができる特約を設けた。

追記:男性は予測通り、数回の返済の後、姿を晦ました。そのため、差押が実行される運びとなった。差し押さえについては動産執行等も検討された。

このブログの運営元
T.I.U.総合探偵社