‘解決事例’ カテゴリーのアーカイブ

息子の婚約者について

2009年11月20日 金曜日

ご依頼者様許可
<相談概要>
息子の婚約者について、先日、結納を済ませましたが、相手のお嬢さんの親が
少々如何わしく、実の親であるのか疑わしく思います。
また、息子はサラリーマンですが、収入に見合わない支出をしているようで、
とても心配です。

<調査概要>
1、婚約者の方の居所が不明であるということから、所在調査を実施。
当初は勤務先として報告のあった企業からスタートしたが、在籍が無い事がわかり
息子さんと会った後の素行から所在地を割り出した。

2、居所に関する調査
賃貸マンションで、月額は7万円。勤務先は最寄の運送会社事務員であることが判明
した。
同居者はおらず、独身であると思われる。

3、親族に関する調査
対象者の両親は、対象者が生まれる前に離婚しており、母方に引き取られた。
母親に関しては、挨拶に現れた人物とは全くの別人であった。
その他、虚偽事実や生育歴などの判明はあったが、本書面では控える。

調査対象者に関しては、出産歴・離婚歴があり、報告のあった年齢とは
事実年齢が異なる。
その他の異性関係は確認されなかったが、息子さんとの結婚については
真剣である様子が伺える。

===============

結婚詐欺ではないかという疑いからの調査であったが、婚姻を前提に事実として
金銭を詐取した形跡は存在しないため、本件は結婚詐欺には該当しないと
判断せざるを得ないが、調査対象者となった女性が、虚偽を繰り返していることから
詐欺まがいとも考察できる。
また、自身の両親を演じるために便利屋へ依頼をしている事実もあり、
知られたくない過去があるのは理解するが、虚構を創作する為に一種の工作の
ような行為をする事自体は、悪質であると判断できる。
================

本件交渉については、すでに法律事務に抵触する恐れがあるため、
当事者間で交渉をするなど、よく話し合うように提案した。