‘相談とアドバイス’ カテゴリーのアーカイブ

探偵に騙されました、お金を取り戻してください。

2009年7月20日 月曜日

相談事例

夫の浮気調査を○○探偵社に依頼しました。はじめは、カウンセラーと称する中年の女性が親切に対応してもらい、好感を持ちました。1日6時間で4日間の浮気調査を提案してもらい、スタッフは6人で車やオートバイをつけるということで、見積りは240万円でした。あまりにも高いので、払えないと言ったのですが、今なら特別に150万円で良いと言われ、ローンを使えば、分割払いができるから毎月数万円で済むと言われました。それでも、払えないので、断わろうと思ったのですが、相談の部屋に他の相談員という方も2名入ってきて、結局1日4時間、3日間の浮気調査を依頼することになりました。総額で120万円とのことです。

調査は浮気は無しということで終わりましたが、あまりに高いし、支払いだけが残っています。

他の探偵社の方に相談したところ、浮気調査で動く人数やら時間で料金は大きく変わると言う事でしたが、さすがにそれは高いという意見をもらいました。

それで、依頼した○○探偵社に電話したのですが、なんとかという団体の一律料金だから、高くはないし、きちんと契約を結んでいるのだから、問題はないと言われてしまいました。

夫が浮気をしている確信はあり、証拠を取ってもらいたいのですが、もうお金も無いし、もし取り戻せるなら、いくらか取り戻したいと考えています。良い知恵がございましたらお願い致します。

相談回答

(本項では探偵社名は公表いたしませんが、非常にクレーム多い探偵社の一つです。)

早速ですが、いくつか確認して頂きたい事項がございます。

御契約時に下記の書類を渡されたと思います。

・調査御契約書

・重要事項説明

・誓約書

また、探偵業届出証明書を見せていただいたでしょうか?

これは、探偵業法にある調査ご依頼を受ける際に探偵業者が最低限、提示しなければならないものです。

もしも、何か欠けているものがあれば、探偵業法違反です。

続いて、契約の状況をお聞きする限り、複数人で相談者様を3人で囲み、不安を煽って契約させたように思えます。

確かに民事上、契約自由の原則と言って、様々な契約を自由な意思で行う事はできますが、状況から考える限り

数度断わっている状況で業者側の他2名が相談室に入り、様々に説得するなどして契約をしたと思われます。

この場合、消費者契約法第4条2「退去妨害」に当たる可能性があります。

また、同業として考察する限り、1日わずか4時間で別段の特定な情報が無い場合、例えば、浮気をする予定がわかるなどの情報無く、浮気の証拠を取る事は到底不可能ですし、不測の事態に備えて、人員を多数配備する事は別に問題は無いのですが、例えば都内23区などで、車もオートバイも数台配備するというのは、比較的大掛かりな調査だろうと思います。

こうしたリスクの説明を受けていなければ、消費者契約法第4条1「故意の不告知」「断定的な判断」に当たる可能性があります。

証拠の整理や論旨の整理などが御入用の場合、当社、T.I.U.総合探偵社でお力になれることもあると思います。ただし、○○探偵社については、当社と同じ業界団体に属していませんので、何かの斡旋は困難であろうと思います。

金銭返還についてお考えであれば、まずは最寄の役所などにある消費者センターに相談し、弁護士さんに依頼する事がよりベターですが、裁判所の民事調停から始めてみてはいかがでしょうか。

もしも、ご不明な点がございましたら、できれば資料となるものなどのコピーをご郵送していただくか、ご予約を頂いた上で無料のご面談をさせていただいた方が、当社も問題を深く理解した上での適切な回答ができると思います。

所見

T.I.U.総合探偵社、開設当初から他社に関するトラブルの相談がございます。2008年から2009年4月10日現在までは、ほぼ2社についての相談に集中しております。折角の探偵業法ができても、悪質な業者の被害はございます。T.I.U.総合探偵社は、こうした悪質且つ拝金主義の業者による被害について無料でご相談を承り、弁護士の紹介や裁判サポート、当事者間交渉のサポートを行っております。

このブログの運営元
T.I.U.総合探偵社