‘相談とアドバイス’ カテゴリーのアーカイブ

賃貸の敷金を大家が返してくれない場合について

2009年7月20日 月曜日

相談事例

1年半前に賃貸で部屋を契約しました。敷金は家賃の2か月分で22万円ほどでした。私は知らなかったのですが、ちょうど半年前に大家が変わっていたそうで、新大家は敷金を預かっていないから、「敷金の返却はしない。」「原状回復は費用を預かっていないから、賃借人がしろ。」と言い、クリーニング代と鍵の交換代金などを請求してきました。

相談回答事例

賃貸借契約が成立し、各関連法でその地位に対抗力が認められる場合は、旧賃貸人の賃借人に対する未払賃料債権等を控除した残額にあたる敷金は、新所有者に引き継がれていると考えられますから、敷金の返還請求は可能であろうと思われます。

当事者間での交渉で話し合いがつかない場合は、裁判という流れになりますが、これは荷が重いという場合は、民事調停から始めてみるのはいかがでしょうか。

T.I.U.総合探偵社では、敷金問題や賃貸トラブルにおける裁判や調停に必要な資料の収集をほぼ網羅する事が可能です。また、書面のサンプルなどもありますから、これらを無料で提供する事も可能です。

尚、弁護士さんや司法書士さんなど専門家のご紹介も調査ご依頼者様には無料で行えます。

このブログの運営元
T.I.U.総合探偵社