‘相談とアドバイス’ カテゴリーのアーカイブ

詐欺で騙され内容証明郵便を送りましたが、裁判の訴状は届きません。

2009年7月20日 月曜日

相談内容

オークションでお金を振り込んだのに、商品が届かないため、オークションサイトのガイドラインに沿って通報しました。商品を送るか、代金を返すように内容証明郵便を送り、届いたのですが、全く返事が無いため、裁判所で訴訟を起こすことになり、訴状などを郵送したのですが、届かないということで戻ってきました。

回答

内容証明郵便は「書留」であり、裁判所の送達は「特別送達」です。

詐欺師が使う多くの住所は、「秘書代行センター」や「バーチャルオフィス」、「私書箱」といわれる住所で、そうした「秘書代行センター」や「バーチャルオフィス」、「私書箱」は専門の業者が運営しています。

多くの「秘書代行センター」や「バーチャルオフィス」、「私書箱」の規約には、郵便物に関して「書留」は受け取るが、「特別送達」は受け取らないとしていますから、そうした事情で送達が届かなかったのであろうと推測できます。

現在は「秘書代行センター」や「バーチャルオフィス」、「私書箱」といったところは、本人確認法によって、住所をかりた本人を確認する必要がありますので、住所を詳細に調べ、運営会社から通知させる方法が通常運用です。

ただし、運営会社が個人情報保護法業者となる場合は、開示が困難な場合もあります。

その他、金銭のやり取りがクレジットカードの場合は、クレジット会社に事情を説明して支払いを止めてもらう必要もあります。

金銭のやり取りがある場合で痕跡が残りやすい場合は、各種調査によって相手先を判明させる事も可能です。

このブログの運営元
T.I.U.総合探偵社