‘浮気調査’ カテゴリーのアーカイブ

警戒していますが調査可能でしょうか?

2009年12月27日 日曜日

ご依頼者様許可
<相談概要>
妻の浮気調査です。一度は浮気を認めたのですが、その後ギクシャクしていて、妻が家を出ました。実家に帰るという事でしたが、実家には戻らず、妻の実家が持っている不動産で暮らしています。その後、妻から調停の申立てがあり、その際は浮気を一切認めませんので、振り出しに戻っています。御社とは別の調査会社に浮気調査を依頼しましたが、どうやら、ばれたようで、私のところにも、妻から電話がかかってきました。
どうしても白黒つけたいので、浮気調査を依頼したいのですが大丈夫でしょうか?

<回答概要>
できれば、前任の探偵社の名前や報告書を見せていただきたいと思います。また、立地の問題で張り込みなどの計画案が安全かどうかなどを判断したので、詳しい情報をお願いしたいと思います。なお、失敗調査のやり直し調査には当社は実績がございますので、ほとんどのケースで調査の継続が可能です。
稀に警備会社(専門シークレットサービス)に依頼なさっているケースでは、調査継続に日数がかかるケースがございますが、そのようなこと自体がなければ、十分可能であろうと思います。

<調査に関して>
分析
対象者は、車で駅まで移動したり、タクシーで移動、高級自転車(スポーツタイプ)で散策するなど、様々な交通を利用するため、その対応ができなかったため、前任の探偵事務所はミスをしたのであろうと思われるが、対応は可能であった。
また、警戒はしている様子は見受けられるが、特定地域のみの警戒であり、人の混雑する地域では警戒しているものの、調査スタッフを認識することはできない様子であった。

実務情報
担当弁護士と対象者の会話では、浮気事実は既存であり、弁護士から注意を受けている場面もあったが、離婚まではこの事実を隠匿する計画であった。
また、浮気相手とは頻繁に密会しており、ホテル・別居先自宅への出入りがあった。尚、聞き込みでは、1年ほど前からホテルをよく二人で利用しており、夫婦であるとの認識であった。(宿帳の記入やメニューなどへのサイン、過去の記念写真など)

離婚・不貞行為について
不貞行為は認められ、悪質であるとの判断に至ったという事であった。また、離婚については、以後修復不能としたご依頼者様(夫)の考えもあり、合意に至り、ご依頼者様に非常に有利な条件での財産分与となった。

T.I.U.総合探偵社