‘浮気調査’ カテゴリーのアーカイブ

一方的な別居行為についての調査

2011年1月7日 金曜日

ご依頼者様許可
<相談概要>
1年ほど前より夫が「離婚をしたい」と言い出し、先月から家に帰ってこなくなった。大掛かりに荷物は持ち出さず、友人宅を転々としているとだけしか明かさない。連絡をするたびに、「離婚をしてくれ」の一点張りで話し合いにもならず、特に大きな理由も見当たらないため、浮気をしているのかもしれないと思った。

<調査概要>
夫の勤務先で在籍の確認を行ったところ、通常に在籍し勤務しているという事であったので、勤務先から追跡を行った。
追跡の結果、一般的なファミリー向けのマンションに帰宅していることが判明した。

調査期間:1日間
調査費用:総額43,500円(経費を含む)

<追加調査>
「同居人の有無」「浮気について」「生活実態」「浮気の場合は相手の氏名など提訴に必要な情報」の4点の調査を追加で行った。

基本的にこのような場合は、張り込み調査を行い、夫の帰宅先の様子を確認していく事から開始される。この確認において、同居人は1名であり、年下と思われる女性と同居している事が確認できた。
また、同居人を調査したところ、取引際の女性である事が判明した。
聞き込み調査においても、周囲や不動産業者などには、夫婦であると届け手鋳ることが判明した。

調査期間:4日間
調査費用:総額176,980円(経費を含む)

<事後>
夫の浮気相手に対する通知書の送付によって、慰謝料を請求したとの事であった。また、夫に対しては、不貞行為によって自らの有責性により、離婚請求ができず、ご依頼者様である妻側は、協議による離婚及び調停には応じない考えを通知したとの事である。

T.I.U.総合探偵社